当院のメソッド

「みらいの発育毛」で、強く美しく

当院では発毛・育毛に必要な最新医療技術と独自メソッドを元に施術を行います。
医療分野で広く応用されているヒト幹細胞培養液をはじめ、発毛のエッセンスを集めたプログラムになっております。
お客様の頭髪、頭皮、体により良いメリットを感じていただくための厳選された発育毛技術をご体験ください。

メソッド01

ヒト臍帯血由来幹細胞培養液

ヒト幹細胞培養液とは

ヒト幹細胞培養液とは人の体内に存在する歯髄・骨髄・臍帯・脂肪など、間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から何百種類の成長因子やサイトカイン等を取り出したうえ、滅菌処理などを各種施した液体のことを指します。
この幹細胞を培養した際に分泌される何百種類もの成長因子やサイトカインなどの生理活性物質(免疫力を上げる物質)が、体内にある再生能力の高い細胞に働きかけることで組織の再生を促し、幹細胞移植と同等の役割を担うとされています。

ヒト幹細胞培養液の効能

抗炎症作用
抗酸化作用
創傷治療作用
免疫調整作用
組織・神経修復作用
脳梗塞の後遺症
アルツハイマー
リウマチ
アトピー
花粉症
鼻炎
蓄膿症

ヒト臍帯血由来幹細胞培養液とは

人体から幹細胞を抽出する際には歯髄・骨髄・臍帯・脂肪、この4つの箇所のどれかから幹細胞を抽出します。その抽出した場所により幹細胞の名前が異なります。例えば人の脂肪から幹細胞を取り出せばヒト脂肪由来幹細胞と呼ばれます。この他にも動物由来も存在します。当院ではこの中のヒト臍帯血由来幹細胞を使用しています。
 
臍帯血とは、「へその緒」の事なのですが「へその緒」はお母さんから赤ちゃんへ栄養を送る道筋なので、人間の成長に欠かせない栄養がかなり凝縮されています。その栄養価は胎盤(プラセンタ)よりも遥かに高いと言われています。プラセンタは言わば母親の血液であり、赤ちゃんの血液を作る臍帯の方がより再生能力が高いとされています。1度の出産で取れる臍帯血は約75gと少なく稀少な成分と言われています。当院のヒト由来臍帯血幹細胞培養液には、その臍帯血の幹細胞を培養する際に分泌される何百種類の再生因子が高濃度で配合されている為、他の幹細胞培養液と比較した際に違いが表れます。一般的に多く使用されているヒト脂肪由来幹細胞培養液と比較した場合、臍帯血再生因子は264倍も高い濃度を含有しています。これらの再生因子は全ての細胞の成長に関与し、成長ホルモンの20~30倍の効果をもたらすと言われており、死んでいる細胞をも復活させることが可能です。頭髪の再生にも効果を発揮し、薄毛の部位に局所投与することで毛母細胞を再生させ育毛効果を促します。
※幹細胞培養液は50%以上含有していないと全く意味が無いと研究データが出ています。
 
臍帯血は入試困難の為、臍帯血由来の培養液自体の流通量がほぼ無い状態で、脂肪由来の培養液に比べて高い効果を期待できます。また、培養液を希釈することなく原液をそのまま製品として扱っているので、各種サイトカインや成長因子を高濃度の状態で提供する事が可能です。また海外製・日本製の違いもあり、当院ではもちろん日本製を使用しております。
メソッド02

エレクトロポレーション

ヒト臍帯血由来幹細胞培養液の効能については先述したとおりですが、いくら良い薬を頭皮に塗り込んだとしても効果は期待できません。では、どのようにすれば効果が期待出来るかというと、表皮の下の真皮または皮下組織に培養液が行き届いてこそ効果が期待できます。
従来ではそれは針を使っての注射でしか出来ないことでしたが、技術の進歩によりエレクトロポレーションで真皮まで行き届ける事が可能になりました。このエレクトロポレーションが開発されるまでは下記画像左のイオン導入が主流でした。
イオン導入

分子をイオン化して浸透させます。

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションは電位パルスを発生させることにより、コラーゲンやヒアルロン酸・幹細胞培養液といったあらゆる液体を真皮まで浸透させる事が可能です。その浸透力はイオン導入の20~60倍とも言われ、注射と同様の効果があると言われています。

メソッド03

超狭帯域LED

当院では、施術の流れとしてはエレクトロポレーションに加えて、最後にプラスαとして超狭帯域LEDを頭皮に当てていきます。
その理由としては超狭帯域LEDを頭に当てているだけでも発毛効果があるからです。これは2015年に大阪大学、京都大学による研究で医学的に証明されています。

メソッド04

大手美容サロン監修
シャンプー・ヘッドスパ

幹細胞培養液については他のクリニックなどと中身が違う事は述べましたが、前記の施術内容は当院の大元であるお店も同じ内容で行っている事でもあります。大元との違いは施術前に頭皮の洗浄があるか無いかになります。違いはそれだけと捉えれる方も居るとは思いますが、そこが重要だと当院は考えております。その理由は下記の通りです。
 
  • 洗浄するのと洗浄しないとでは幹細胞培養液の浸透率に違いが出る
  • ヘッドスパを行う事で血流が良くなり、幹細胞培養液がより効果的になる
  • 顧客は正しいシャンプー方法を知らない
  • 育毛・発毛にも効果があるシャンプー方法を伝える事で付加価値を与えられる
  • 間違ったシャンプーは毛を引きちぎり頭皮を傷つけている
このシャンプー方法は元天皇陛下の理髪担当をしていた方の講習会に参加して得たものになります。この方は独自で長年にわたりシャンプーと発毛の関係性を研究されていた方で、顧客の中には5年間このシャンプー方法を続けたことにより髪の毛が増えたという方もいます。頭髪は土と花に似ているとされており、良い花を咲かせる為には土と水分が重要とされます。ここでいう土とは頭皮のことで水は幹細胞培養液に置き換えることができます。この土造りに着眼点を置いたシャンプー方法がとても大事なのです。
 
当院では、元天皇陛下理髪担当、3万人の髪の毛を救ったシャンプー界のカリスマ技術者のノウハウが詰まったシャンプー技術を施術しています。

まずはお気軽に
お問い合わせください。

ご予約や発毛・育毛に関するご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。ご相談は無料で承っております。